サバメシ食べたい

焼き鯖寿司でもオーケーです。色んなこと書けたらいいなーって思ってます。

焼肉店のライスは


こんにちは。


最近いい感じの頻度で焼肉店に行くわけですが、ひとつ思ったことがあります



なぜ焼肉店のライスはあんなにうまいのか



ということです

なんというか家で炊く米とは違ったパサつきと言いますか…湿り気が少なく、肉の油といい感じに合体してさらなる美味しさが口の中に広がります。


うまい。完食。もう一杯。

と言った感じですね。これは高学歴ムーブ。


ホルモンと一緒に食べるともう気が狂うほど美味しいです。


もちろん素の状態で食べてもうまい。

炊き方とコメのブランドを教えてください…


そんな感じです

ではでは

マストドンを始めました♪


こんにちは


先日、マストドンを始めてみました。


大体はTwitter🐦と似た感じですが、大きな違いは自分の投稿した「トゥート」がローカルタイムラインや連合タイムライン という所にも投稿され、意外な繋がりを得られるというところですかね


ある種のヒエラルキー感はありますが、それもまた一興と言った感じです。なによりその空気が懐かしい。


Twitterのユーザーストリーム廃止によって流れてくる人も結構いるようで(私もそのクチですが)これからもっと発展しそうなので楽しみですね


teien@mstdn.jp というID?でやってます。


気になる人は是非ともフォローしてくださいね


ではでは

久しぶりにいりす症候群をしたら悶絶した

こんにちは。


久しぶりに「いりす症候群!」をインストールしてプレイしました。



f:id:oeso:20180813152505j:plain



最後にいつやったかは覚えていません。


「いりす症候群!」とは即死系なんとかパズルゲームということで、要は気を抜いたら即行でゲームオーバーになるパズルゲームって認識で大丈夫です。


上から落ちてくる「なにか」をクリックで出る「白いなにか」で動かし同じ色を当てて消していくって感じです。



詳細はググッて他のブログを参照、ネタバレしたらドンマイです。


とりあえず初回は文字通り即死しました。


2000点行ってないぐらい。


かれこれ20分やってようやく感覚を取り戻して20000点ENDを見ました。


それからはひたすら100000点を目標にやり続けること数時間…







f:id:oeso:20180813152043j:plain






力尽きました。


上手いこと連鎖して得点を稼いでいきましたが、スロー状態で「なにか」が底を尽き、時間経過でゲームオーバー。


次100000点取れたらまた報告したいと思います。


慣れてくると爽快かつ妙な中毒性があるのでやってみてはいかがでしょうか


ではでは!

デュエマ復帰勢応援:シータ刃鬼

こんにちは。


3度目となった復帰勢応援デッキ紹介。

今回は前に紹介した2つよりも速度が遅いコントロールデッキを紹介します。


【『シータ刃鬼』とは】
シータカラー(≒火自然水)からなるデッキです。

デッキコンセプトに《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》を備えており、こいつの効果で大量のハンターを踏み倒し、一斉攻撃を仕掛けることをコンセプトとしています。

シータカラーにした理由は、他のデッキにも採用出来るデッキを多く搭載することで、このデッキタイプに飽きてもデッキのパーツが流用出来るようにしたかったからです。



【デッキレシピ・カード解説】


デッキ内容はこんな感じです。

f:id:oeso:20180812145338j:plain


2万以上かかる可能性がありますので、財力に比較的余裕がある人向けですね。


また、一部のカードが『クロニクル・レガシー・デッキ 2018 究極のバルガ龍幻郷』に収録されているので、まずはそれと刃鬼だけを買って『刃鬼連ドラ』組んでみるのもいいかもしれません。


では各カードについて簡単に解説を加えていきます。


《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》×2

デッキのコンセプトかつフィニッシャー。
出た時に相手のシールドの数だけ「ガチンコ・ジャッジ」を行い、勝った数だけ「ハンター」種族を持つクリーチャーを踏み倒せます。

このデッキのハンターは強力なものばかりなのでそのターンに決着が着くことも珍しくありません。

ただし、召喚しなければならないのでここまで粘るプレイングが重要になります。


《不敗のダイハード・リュウセイ》×3

自分が負ける時、このカードを破壊することでそのターンの敗北を免れる「ハンター」。

また、自分のドラゴンが攻撃する時に1枚「シールド焼却」を行います。

刃鬼から複数並べて攻撃することで、一気にシールドを焼却し、安全にダイレクトアタックまで持ち込むことが可能。

敗北回避能力も優秀。


《ボルバルザーク・エクス》×1

出た時にマナを全てアンタップする能力を持つ「ハンター」。

無双竜機ボルバルザーク》に勝るとも劣らないカード。殿堂。

このデッキでは「スピードアタッカー」が割と強かったりする。ダイハードリュウセイの焼却能力がすぐ使えます。


《永遠のリュウセイ・カイザー》×1

バルガにも収録されている制圧力の塊。

「スピードアタッカー」付与、ハンデスされたら蘇る「マッドネス」、相手クリーチャーのタップイン能力。強い。


《悠久のフォーエバー・プリンセス》×1

「スピードアタッカー」を持つ「ハンター」。

墓地に送られる代わりに墓地のカードを全てデッキに戻す山札回復能力を持ちます。

さりげなく踏み倒しメタ能力も持ってて強い。


《閃光のメテオライトリュウセイ》×1

場に出ると《ホーリー・スパーク》を放つ「ハンター」。バルガにも収録

全体「スピードアタッカー」付与も持っているので、ダイハードリュウセイと合わせると○


《勝利宣言 鬼丸「覇」》×1

鬼丸先輩。バルガに収録

「ガチンコ・ジャッジ」で勝てば追加ターンを得られるキチガイ


《フェアリー・ライフ》×4

ここからマナブーストカード。

これに関しては言う必要ない。


《ピクシー・ライフ》×4

「S・トリガー」が無くなった代わりに無色クリーチャーの回収が付いた《フェアリー・ライフ》


《黒豆だんしゃく/白米だんしゃく》×2

「ツインパクトカード」。

クリーチャー側は「バトルゾーンに出た時能力」を持つクリーチャーをマナ送りにする制圧力の高いカード

呪文側はマナブーストと回収を兼ねる優秀な効果を持っている


《フェアリー・シャワー》×4

山札の上から2枚見て、1枚をマナに、もう1枚を手札に加えるマナブースト

手札が減らないのでとても優秀。


《ドルツヴァイ・アステリオ》×3

出たターンにアンタップかタップされているクリーチャーを攻撃できる「マッハファイター」持ち。

バトルに勝つとマナが倍になる。

12マナまで伸ばせるので一気に刃鬼を出そう。


《怒流牙 佐助の超人》×4

「ニンジャ・ストライク5」を持つシノビ。

場に出た時に1ドロー、その後手札を1枚捨てて、墓地から1枚マナに置くという器用なヤツ。

相手の攻撃に反応して出し、後述のバイケンを捨てて受け流していこう。


《斬隠蒼頭龍 バイケン》×2

ここからカウンターカード。

相手ターンに手札から捨てられると場に出て、クリーチャーを1体バウンスする能力を持つ。

相手のハンデスにはもちろん、上述の佐助で捨てても場に出るので優秀。


《Dの博才 サイバー・ダイス・ベガス》×3

「D2フィールド」。遊戯王で言うフィールド魔法みたいなものです。

自ターンの終了時にカードを1枚引けるドローソース。

また、1度だけ使える「Dスイッチ」を使うと手札からコスト7以下の水の呪文をタダで使える。

後述のガロウズホールからガンヴィートを出して行くのは黄金パターン。


《超次元 ガロウズ・ホール》×1

《スパイラル・ゲート》を放ちつつ、超次元ゾーンからサイキック・クリーチャーを呼び出すカード。

ベガス→ガロウズ→ガンヴィートで相手の攻撃を凌ごう。


《ドンドン吸い込むナウ》×3

山札から5枚見て、その中のカードを1枚手札に加え、それが火か自然ならバウンス能力を持つ「S・トリガー」

状況に応じて手札を作り、相手の攻撃を受け流していこう。


《時空の凶兵 ブラック・ガンヴィート》×1

場に出た時にタップしているクリーチャーを破壊するサイキッククリーチャー。


相手の攻撃に反応してベガスの「Dスイッチ」、ガロウズホールを唱えて攻撃中以外のクリーチャーを戻し、ガンヴィートを出して攻撃中のクリーチャーを破壊する。

大事なことなので既に3度言いましたが本当に大事で強いです。


【デッキの動かし方】

2コスブースト→4コスブースト→ドルツヴァイ→刃鬼が理想ですがそうそう上手くは行きません。

なので、じっくりマナを貯めたり、じょきょをしたりして刃鬼召喚の準備をしましょう。

佐助バイケン、ベガスガロウズという強力なカウンター手段も持っているので状況をコントロールしていきましょう。



【改造案】

高額カードが多いですが超次元ゾーンのカードを増やしましょう。《勝利のガイアール・カイザー》はアンタップされているクリーチャーを攻撃出来る優秀なカードです。

マナタップインの《勝利のリュウセイ・カイザー》や、《ヴォルグ・サンダー》も相手のデッキを削れる優秀な1枚。


また、メインデッキには光文明を追加して《静寂の精霊龍 カーネル》と《百族の長 プチョヘンザ》を組み合わせたカウンター手段や、
強力な踏み倒しメタ呪文《オリオティス・ジャッジ》、
刃鬼の「ガチンコ・ジャッジ」回数を増やせる《龍装の悟り 天命/ヘブン・デ・エンドレーサ》や《魂と記憶の盾》などを入れてもいいですね。



【おわりに】

今回はコントロールデッキである『シータ刃鬼』を紹介しました。

刃鬼から強力なクリーチャーを複数出していくのは爽快そのもの。

コントロールデッキで復帰したいという方には、費用が高めですがオススメです!


ではでは

くっきーを作った!

こんにちは。


今回はくっきーを作りました☆


↓では材料から↓


【材料】
・卵黄…1個
・薄力小麦粉…100g
・バター…50g
・砂糖…40g



【作り方】

①バターと卵黄を常温に戻しておく

②バターと砂糖を入れて白くなるまで混ぜる

③卵黄を入れて更に混ぜる

④薄力小麦粉をふるいにかけていれ、さっくりと混ぜる

⑤完成した生地をラップに包んで、冷蔵庫で1時間ほど冷やす

⑥生地を伸ばして型抜きをし、170℃に余熱したオーブンで焼く。(私はオーブントースターでやりました)



完成したしたのがこちら☆

f:id:oeso:20180811161631j:plain


生地の硬さが足りなかった上に焼き加減が微妙ですねクォレハ…

味は悪くなかったので良しとします☆


次はもっと美味しく見た目もいいくっきーを目指します


ではでは

クロニクルレガシーデッキが想像以上に買い得だった

こんにちは。


昨日ブログで言った通り、『クロニクル・レガシー・デッキ2018 至高のゼニス頂神殿』を購入してきました。


では、早速開封していきましょう。


上からパッケージを開けるとすぐにデッキが出てきます。


飛び出し、落下に注意!



【デッキ】

f:id:oeso:20180810150918j:plain

※画像はスリーブを付けています。デッキには付属していません。別売りのスリーブを買いましょう


1枚1枚手に取ってわかるこのカッコ良さ。復帰したい人にとってはすごく魅力的なセットだと感じます。


見づらいですが左上の《「終焉」の頂 オーエン・ザ・ロード》のカッコよさは格別ですね。実際に手に取ってそのシルエットをまじまじと見ていただきたいと思います。



【デッキケース】


セットで付属するデッキケースも中々のものです。↓

f:id:oeso:20180810151612j:plain


写真では分かりづらいかも知れませんが、実物はかなりキレイな発色です。


f:id:oeso:20180810151742j:plain


マグネットで開閉可能で、中がマットっぽくなっており、強度は充分。


3重スリーブでもしっかり入る上、超次元を入れる余裕さえ見受けられます。



【回してみた】

素の状態でデッキを少し回してみました。

初見では本当に回るのか?と心配でしたがこれが意外と回る回る。

速攻デッキに対しては《ヘブンズ・ゲート》が盾から来ないと反撃が難しいものの、中速以降のデッキに対しては楽しく回すことが出来ました。


《トライガード・チャージャー》が本当に強い。

盾の操作と《ヘブンズ・ゲート》に繋がるマナブーストによってこのデッキの潤滑油としての役割を果たせます。

《ヘブンズ・ゲート》で《真実の名 バウライオン》や《懐疑の虎狼 ミラーズホロウ》が出せれば、盤面を固めつつ手札も補強でき、その上《極頂秘伝 ゼニス・シンフォニー》の「アタック・チャンス」も使えるようになる。と、デッキのやりたいことが殆ど出来ます。


この型を維持しつつデッキを強化するならば、《真実の名 バウライオン》を4枚にして、《「逆相」の頂 オガヤード・スンラート》を《「終焉」の頂 オーエン・ザ・ロード》や、《「創世」の頂 セーブ・ザ・デイト》に入れ替えるといいですね。


【おわりに】

復帰したい、始めたいという人にピッタリなのはもちろん、既存プレイヤーでも買って損は無い、むしろ買い得まであるデッキだと感じました。


友達を誘ってバルガとゼニスを買い、一緒に遊んで「デュエル・マスターズ」をもう一度楽しんで見てはいかがでしょうか。


ではでは

いよいよ明日発売ですね

こんにちは。


明日、「デュエル・マスターズ」から『クロニクル・レガシー・デッキ 究極のバルガ龍幻郷』と『クロニクル・レガシー・デッキ 至高のゼニス頂神殿』が発売されます。


皆さんはどちらを買うでしょうか。


どちらも買いますか。なるほどそれもいい選択ですね…


私はお財布事情が宜しくないので、とりあえずゼニスの方だけ買って、バルガの方はシングルで抑えていこうと思います。


バルガ側は既に所持しているカードが多いので、新規カードである《無双剣聖 イージス・ブースト》と《龍幻のトラップ・スパーク》が欲しいです。


ゼニス側の《トライガード・チャージャー》は非常に強力なカードだと思います。

《フェアリー・ライフ》等の2コストブーストから繋がり、シールドの操作をしつつも更にマナを伸ばすことが出来るという、新しい4コストブーストとしての役割が果たせます。

便利なカードなのでとりあえず確保しておきたいカードですね。


この系列のデッキで復帰する人も結構いそう(ソースはワタクシ)なので、是非とも買って「デュエル・マスターズ」をもう一度楽しみませんか?


ではでは