サバメシ食べたい

色んなこと書けたらいいなーって思ってます。

ホーム画面の構成をご紹介

こんにちは。

今回は自分が使っているAndroidホーム画面の構成を紹介したいと思います。

orefolder様の企画において投稿したものとほぼ同じものとなります。

完成品がこちらになります↓

f:id:oeso:20171201133048p:plain

ランチャーアプリは『lightning launcher』を使用しており、また、音楽アプリは『poweramp』を使用しています。

『KLWP』をライブ壁紙アプリとして使用しています。よって、この『KLWP』内でホーム画面を製作していきます。

では、構成画面です。

f:id:oeso:20171201133120p:plain

5レイヤー、中身を合わせて13オブジェクトと非常にシンプルな構成となっています。
また、上のステータスバーの色を右バーと横バーに合わせ、まとまった感じを演出しました。


詳細に入っていきましょう。

まず右バーですが、アプリのアイコンは『metro icon pack』を使用しています。

横バーにおいては、右バーがまっすぐ突きぬけているため、そこに合わせて横幅を調整しています。

f:id:oeso:20171201133949p:plain

f:id:oeso:20171201134001p:plain


音楽コントロールパネルのフォントは『condense icon』を使用しています。これにより、文字をアイコン化させることが出来ます。また、設定画面より、読み込む音楽アプリを『poweramp』に設定しましょう。

f:id:oeso:20171201134133p:plain

f:id:oeso:20171201134439p:plain

f:id:oeso:20171201134836p:plain

それぞれの文字を下に書いておきますのでコピペして使ってください。

再生/停止
$if(mi(state)=playing,Ñ,Ü)$

次の曲
â

前の曲
á

曲名
$mi(title)$


アルバムアートはテクスチャーからビットマップを選択し、その後にビットマップの右端の四角をタッチして右上の電卓を押してから、

$mi(cover)$

を打ち込みます。


時計は適当にやれば何とかなると思います。


これで完成です。
初めてホーム画面を改造する方にもそれなりにとっつきやすく、お気に入りの画像を全面に出していけるので飽きにくい構成になっていると思います。


ではでは!