サバメシ食べたい

焼き鯖寿司でもオーケーです。色んなこと書けたらいいなーって思ってます。

5cバスターの調整・メタ枠について考える

こんにちは。


今回は前の記事で紹介した『5cバスター』デッキの「調整・メタ枠」について考えていきたいと思います。

よって、前の記事の中盤ぐらいに書いてある「調整・メタ枠について」みたいな所を読んでおくといいかもしれません。





では、各採用候補について見ていきましょう。


①《ウソと盗みのエンターテイナー》

踏み倒しメタ能力と攻撃回避能力をもつ場持ちの良いカード。

《単騎連射 マグナム》殿堂後のリペアとしてはかなり優秀。殿堂前から一緒に積まれてたぐらい。

単騎にはない相手ターンにも干渉可能なのが本当に強い。腐る相手が少ないし色も優秀なのでぶっちゃけ言うことがない。


②《奇天烈 シャッフ》

殿堂カード《音精 ラフルル》のリペアとして優秀なクリーチャー。

呪文を止めるだけではなく、発動時場にいるクリーチャーの攻撃やブロックも止められるのが強力。
《Mの悪魔龍 リンネビーナス》から出せば沢山止められる。

光文明や革命チェンジは持っていないが充分に強力。


③《静寂の精霊龍 カーネル

5コス、光/水のS・トリガー持ちドラゴン。
このカードの利点はまず、1行上に書いてあるクソ高いスペック。

盾を厚くしつつも、光と水の枚数を増やすことで《アクアン・メルカトール》や《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》のパワーを上げることに貢献し、後術する《百族の長 プチョヘンザ》に「革命チェンジ」可能という非の打ち所が(少)ないカード。

《蒼の団長 ドギラゴン剣》や《Mの悪魔龍 リンネビーナス》から出すことも可能で相手ブロッカーの対処も出来る。

弱点としては最大2体しか受けられない為、大量に並んだ盤面は対処しきれないこと、このカード単体では相手クリーチャーをバトルゾーンから離す事が難しい。

また、『デスザーク』対面はパワー4000のクリーチャーが置かれている状態が多く、カーネルが《卍デ・スザーク卍》の効果でタップインされる為、プチョヘンザへの革命チェンジも封じられやすいのも難点か。


④《百族の長 プチョヘンザ》

ファイナル革命で全体除去、常在能力で相手クリーチャーのタップイン能力を持つ制圧力の高いカード。
基本的に上述の《静寂の精霊龍 カーネル》からチェンジすることになる。

マナ回収が出来る環境デッキはそれほど多くないので単純な破壊よりも有効打になりやすい。
しかし、相手のマナが増えることに変わりない為、打ち所や対面はしっかりと考慮したいところ。

光/自然なのでマナの色基盤としても〇。


⑤《アルカディア・スパーク》
単騎ラフルル規制前はこっちがよく使われていた印象。
「エンジェル・コマンド」がデッキに(少)ないので基本は全タップか単体除去のどちらかを選ぶことになる。

光/水という優秀なカラーと全タップによる安定したカウンターを兼ね備えた強力な1枚。

ただし単体除去の盤面の除去力はそこまで高くない。厄介なクリーチャーに打ち込むので影響力は高いが。


⑥《オリオティス・ジャッジ》

最近(18/07/20現在)高くなってるやつ。450円。

マナ以上のコストを持つクリーチャーを山札送りにするという冤罪クソ野郎。

決まれば数ターンはロクに動けなくなるぐらい強力。しかし腐る時はとことん腐る。もしくは撃っても間に合わない。

やる場所や環境、他の採用カードをよく見て採用したい。


⑦《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ

軽量踏み倒しメタ。マナ枚数より大きいクリーチャーを出すと山札送りにする。
冤罪はかけてこないので安心しよう。

似た効果を持つ《制御の翼 オリオティス》と違って相手プレイヤーにアタック出来るので《Mの悪魔龍 リンネビーナス》から蘇生してアタッカーとして活躍が可能。呪文側も強い。

火力カードでとりあえず死ぬのでストッピングパワーはそこそこと言った印象。


⑧《異端流し オニカマス》

アンタッチャブルによるダイレクトアタック要員としての活躍がしやすいカード。
踏み倒しメタ能力も強力で、革命チェンジや侵略を防ぎやすい。

ただし水が多くなるので《アクアン・メルカトール》で手札を確保しにくくなる。墓地肥やしも大事だが、やっぱり手札の方が大事なのである。


⑨《ポクチンちん》

2000円(18/07/20現在)

踏み倒しメタと墓地対策が可能なヤリチン。無色だがあまりにも性能が高いので充分採用圏内だと思う。お財布事情がよろしくないのでまだ買ってすらないが。


⑩《テック団の波壊Go!》

青/黒という優秀なカラーを備えたST呪文。

性能も悪くなく、5コス以下の「カード」を全てバウンスか、6コス以下のクリーチャーを1体破壊できるかを選べる。

5コスバウンスの方は「カード」を除去するので、「クリーチャー」や「D2フィールド」はもちろんのこと、「ドラグハート・ウェポン(フォートレス)」「無月の門を構成する魔導具」「封印」など、多くのカードを吹き飛ばすことが出来る。

6コス以上の方は劣化《デーモン・ハンド》。無いよりはマシと考えよう。弱い。

比較的ターンを貰いやすいカードかつ色基盤としても優秀なので優先して採用したいと考えている。


⑪《ハムカツ団の爆砕Go!》

火/自然のST呪文。
パワー3000以下全破壊か「カード指定」の単体除去を行える。

「カード指定除去」の強さはテック団でも分かるが、こちらは更に除去可能な範囲が広まっている。
代わりに1枚しか除去できないが。
自分のカードも指定して除去出来るので、《禁断 封印されしX》の封印を剥がすことが出来る。

全体除去の方は刺さればいいねって言ったところ。
パワー3500~4000が意外と多くて処理しきれないことが多々ある。


⑫《闇鎧亜 ジャック・アルカディアス》

4コストのSTクリーチャー。
スレイヤーを持ち、場に出た時に4コスト以下の「カード」を破壊する。

多色クリーチャーなので《Mの悪魔龍 リンネビーナス》や《蒼き団長 ドギラゴン剣》から出せるのが魅力。

スレイヤーも持つ為、1:2互換がやりやすい。
もっと盤面に触れたいと感じるなら充分採用候補となる。


⑬《光牙忍 ハヤブサマル》

みんな大好きハヤブサマル。性能は言わずもがな。しかしながら意外と環境に左右される。

4コス到達前にダイレクトまで行くようなデッキ、ロックを仕掛けるデッキ、殴らないデッキが多いと腐る。

脳死でぶっこんでもいいが、いっその事これを抜いて他のカード入れると動きやすくなるかもしれないと書いておこう。


⑭《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》

受けと回収を兼ね備えたカード。
リンネビーナスからこのカードを蘇生することで、ドギラゴン剣を回収し、手札1枚から走ることが出来るようになる。

また、呪文面もST除去なので粘り強く戦えるようになる。そのまま墓地に行ってリンネビーナスの弾補充としても優秀。

闇枚数も補うことが出来、全体的にスキの少ない1枚。


⑮《月の死神 ベル・ヘル・デ・スカル》

マッドデーモン閣下とは違い、除去能力を持たないが、回収能力が上がり、色も闇/自然と強くなった。
パワー3000のクリーチャーも残る為、低コストカードが並ぶ環境だと活躍しやすくなるかもしれない。


⑯《地獄門 デス・ゲート》

どっかで見たやつ。
『デスザーク』に対して、《卍デ・スザーク卍》を撃破しつつリンネビーナスを蘇生することで走れるようになる。

召喚ではないので一応《時の法皇 ミラダンテⅩⅡ》も貫通可能。ストップされたりチャフられたら知らない。

状況を選ぶが強力なカウンター手段だと思う。


⑰《超次元 ムシャ・ホール》

コスト4以下のクリーチャーを破壊しつつコスト7以下の火文明サイキックを展開。

主な標的は《ポクチンちん》や《制御の翼 オリオティス》をはじめとした踏み倒しメタ、《追憶人形 ラビリピト》等のシステムクリーチャー。

《勝利のガイアール・カイザー》を出せるので走る枚数の増加が見込める。また、それによってリンネビーナスがマナに起きやすくなるのが大きな利点だと思う。

《レッド・ABYTHEN・カイザー》を出せば《デモンズ・ライト》や《卍デ・スザーク卍》をはじめとした強制選択カードの牽制になる。


⑱《超次元 リバイヴ・ホール》

クリーチャーを回収しつつサイキックを展開。

1枚から走れるようになる札。
出せるサイキックの幅も広い。ムシャホールとは選択かなぁという印象。


⑲《メガ・マグマ・ドラゴン》

相手のクリーチャー数によってコストが軽減され、5000火力をぶちまけるドラゴン。

『サザンルネッサンス』系統、『ジョーカーズ』系統を重視するなら。

《異端流し オニカマス》を処理する為に入る印象もあったが、最近見ないのでこのカードもカマス対策では入らなくなるだろう。


⑳《温泉 湯あたり地獄》

かつては《ベイB ジャック》を焼く為にも採用された。《洗脳センノー》や《異端流し オニカマス》も焼ける。センノーは焼いても不味そう。

いまなら『ゲイルヴェスパー』や『サザンルネッサンス』系統を見るために入れると思う。





〇番号が20までしかなかったので今回はここら辺にしておきます。
他のカードは、
・《トップ・オブ・ロマネスク》
・《龍仙ロマネスク
・《龍装者 バルチュリス》
・《龍装 チュリス》
・《解体人形ジェニー》
・《裏切りの魔狼月下城》
・《呪紋のカルマ・インカ》
・《S級不死 デッドゾーン
・《天使と悪魔の墳墓》
・《カラフル・ナスオ》
・《葉嵐類 ブルトラプス》
・《謎帥の艦隊》
・《メガ・マナロック・ドラゴン》

等、幅広いカードが活躍出来ると思います。

とにかく試行錯誤を繰り返し、自分にとって最高の『5cバスター』を作り上げましょう。


ではでは(*'ω' *)