サバメシ食べたい

焼き鯖寿司でもオーケーです。色んなこと書けたらいいなーって思ってます。

デュエマ復帰勢応援:格安赤青白バスター

こんにちは。

今回は「デュエル・マスターズ」をもう一度やってみたい、または初めて見たいという方に比較的安く作れてそこそこ強いデッキを紹介したいと思います。


以降、簡単に説明


【『赤青白バスター』とは】

『赤青白バスター』は比較的最近に出現したデッキタイプで、ガチで止まらない《蒼き団長 ドギラゴン剣(バスター)》を切り札としたデッキとなっています。

最初は《プラチナ・ワルスラS》のドロー力と《勝利のアパッチ・ウララー》の安定した攻撃力を活かした構築になっていましたが、それらが殿堂となった為現在は小型の多色クリーチャーを多めに採用した構築が多く見られます。



【デッキ紹介】

今回はそんな『赤青白バスター』の構築費用を抑えたデッキになります。


↓レシピはこちら↓

f:id:oeso:20180807153337j:plain


1万円あれば組み上げることが出来ます。

また、超次元を除きほどほどにパーツが揃っている為もう1万5千円ぐらい足せばほぼ完成までもって行けると思います。


では各カードの解説を簡単に…


・《エメラル》×1

ご存知殿堂カード。
手札に来た「S・トリガー」を仕込みましょう。


・《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》×2

今年から登場した「ツインパクトカード」。

クリーチャー側は軽量の踏み倒しメタ、呪文側は呪文封殺とドローが出来る強力なカードです。


・《タイム1 ドレミ》×4
・《熱湯 グレンニャー》×4

ほぼ《アクア・ハルカス》と思って大丈夫。
手札を減らさず展開できるのは強い。

ドレミは光/水でパワー1500。
グレンニャーは火/水でパワー1000。


・《単騎連射 マグナム》×1

自分のターン、相手がクリーチャーを出す時に代わりに墓地に置くという最強の詰めカード。

殿堂なので1枚。


・《タイム3 シド》×2

「革命チェンジ」持ちのクリーチャー。

「革命チェンジ」とは簡単に言うと、
【手札の「革命チェンジ」の条件を満たすクリーチャーが攻撃する時に、その「革命チェンジ」持ちと入れ替え、攻撃することが出来るというもの。】

このクリーチャーの場合、水か光文明のクリーチャーが攻撃する時に手札のこのクリーチャーと入れ替えることが出来るって感じです。

呪文を妨害して相手の動きを鈍らせましょう。


・《"龍装" チュリス》×4

自身のコストを数字の数だけ下げ、召喚できる「B・A・D」能力持ち。

コスト5の火文明ドラゴンかつ「スピードアタッカー」なので、出してすぐに《蒼き団長 ドギラゴン剣》に「革命チェンジ」可能。

最強の攻めの起点です。


・《龍装者 バルチュリス》×3

①自分のクリーチャーが攻撃する時、
②それが2回目の攻撃で、
③場にバルチュリスがいない時に

バトルゾーンにノーコストで出せる、5コストの火文明ドラゴン。

ドギラゴン剣にチェンジ可能なのはもちろん、普通に打点を多くする時にも使えます。


・《音精 ラフルル》×1

殿堂カード。
効果は場に出たターン、相手は呪文を使えないというもの。

《単騎連射 マグナム》と組み合わせてロックを仕掛けましょう。


・《勝利の道標 レティーシャ》×3

「超次元ゾーン」から「サイキック・クリーチャー」を呼び出すクリーチャー。

「超次元ゾーン」とは、遊戯王でいうエクストラデッキみたいな感じです。
カードの効果によって「サイキック・クリーチャー」を呼び出すことが出来ます。

基本的には《勝利のリュウセイ・カイザー》を出していきましょう。


・《蒼き団長 ドギラゴン剣》×4

止まらない団長。

「革命チェンジ」を持ち、「革命チェンジ」で場に出た時に、1ターンに1度だけ発動できる「ファイナル革命」を持ちます。

このカードの「ファイナル革命」の効果は、
【合計コストが6以下になるように、好きなだけ多色クリーチャーを手札かマナゾーンから出せる】
というもの。

このデッキの多色クリーチャーは
・《タイム1 ドレミ》コスト2
・《熱湯 グレンニャー》コスト2
・《タイム3 シド》コスト3
・《音精 ラフルル》コスト5
・《勝利の道標 レティーシャ》コスト6
の5種類。

また、多色クリーチャー全てに「スピードアタッカー」を与えるため一気に攻め込むことが出来る奇襲性の高い1枚です。


《閃光の守護者 ホーリー》×4

ホーリー・スパーク》のクリーチャー版。

アタック可能な為、カウンターにも重宝する優秀なカード。


《プラチナ・ワルスラS》×1

現代の《アストラル・リーフ》。
水のクリーチャーに乗せる3コストの進化クリーチャー。

攻撃時に3枚ドローして1枚捨てる効果を持つ上に、「W・ブレイカー」。

許されるはずがない殿堂カード。


《ドンドン吸い込むナウ》×3

山札から5枚見てカードを1枚手札に加えるカード。

手札に加えるのが火か自然文明ならバウンス効果も着くため、それらを基本的に手札に加えていきたいですね。


・《Dの牢閣 メメント守神宮》×3

「D2フィールド」カード。遊戯王でいうフィールド魔法みたいなものです。

効果は自分のクリーチャー全てにブロッカーを与えるというもの。

手薄な守りを一気に硬く出来るカードです。

また、ターン開始時のドロー時にこのカードを逆さにして発動する「Dスイッチ」で《ホーリー・スパーク》を放てるので、守りだけでなく攻め起点にもなります。


《勝利のリュウセイ・カイザー》×1

サイキック・クリーチャー。

効果は《停滞の影 タイム・トリッパー》と同じ、マナタップイン。

「W・ブレイカー」を持つのが最大の特徴で、「革命チェンジ」で出たドギラゴン剣からレティーシャを出し、更にこのカードに繋げることで一気にダイレクトまで持ち込める打点の形成が可能。


・《勝利のプリンプリン》×2

かわいい。

場に出た時に相手のクリーチャー1体の動きを止めてくれます。

リュウイカイザーが場にいる時にレティーシャを出したらこのクリーチャーを出してみましょう。



【デッキの動き方】

①3ターン目に「B・A・D2」で《"龍装" チュリス》
②《蒼き団長 ドギラゴン剣》に「革命チェンジ」
③「ファイナル革命」で《勝利の道標 レティーシャ》を出す
④レティーシャ効果で《勝利のリュウセイ・カイザー》を出す

これが理想ですが、パーツがなければ軽量クリーチャーをしっかり展開していきましょう。

「ファイナル革命」ではレティーシャに拘らずとも、小型の多色クリーチャーが多く採用されているため、それらを並べて押し切ることも出来ます。

逆に攻め込まれても《閃光の守護者 ホーリー》や《ドンドン吸い込むナウ》等で粘っていきましょう!



【デッキ改造案】

《勝利のアパッチ・ウララー》を入れるならば、かなりの出費を覚悟しましょう。なぜなら、

・《紅蓮の刃 鬼流院 刃》
・《アクア・アタック

この二種類が非常に高いからです。



他に入れる候補としては、

除去とドローを兼ね備えた、《"乱振"舞神 G・W・D》

殿堂カードだが軽量「S・トリガー」、《スパイラル・ゲート》

ハンデス耐性を付与する《絶対の畏れ 妨鎧》

同タイプの対策に有効な《異端流し オニカマス》


などです。

意外と組み換え幅が広いデッキなので自分に合う構築を目指していきましょう!


ではでは