サバメシ食べたい

焼き鯖寿司でもオーケーです。色んなこと書けたらいいなーって思ってます。

Androidホーム画面、4年間の軌跡

こんにちは。



スプラトゥーンの最高成績は9-41のおーえそです。


今回は今まで作り続けた「Androidのホーム画面」を雑に貼り付け、備忘録的に残しておきたいと思います。

時系列はぐちゃぐちゃかも知れませんが、何年目に作ったかは大体覚えているので年ごとに分けます。


まさかこの為に鳥から6000~7000程の画像の海を漁ることになるとは…


【1年目】


Androidiphoneの違いを明確な形で見せつけれるのが『ホーム画面の改造』だと思い、作り始めました。

と言っても、どのようなモノで作れば良いのか分からなかったので何日も調べました。


名前は忘れましたが、最初に使ったのは「画像をウィジェットに出来るやつ」だったと思います。


そんなこんなで初めて作ったのがこちら

f:id:oeso:20180914104333j:plain


当時は三度の飯並にかなでちゃんが好きだったので、かなでちゃんを全面に押し出したホーム画面にしていました。

こういう系のホーム画面は機能的にはだいぶ使いづらいと思います。

使うアプリがなかったので左上はなにも設定していませんが、もし置いたと言うならば大きく手を動かさなければならない為です。

よって左上(というよりは利き手の逆側)には、時計や充電状況といった、タッチしなくても使えるものを置くといいでしょう。




…月日は流れ、次に制作したものがこちら

f:id:oeso:20180914105255j:plain


ストライクウィッチーズの画像を貼り付けたホーム画面です。


ランチャーアプリはここから『Nova launcher』を使い始めました。
ウィジェットアプリは『zooper widget』と『glaeja』を使用して作っていたと思います。


ここで既にシンプルなホーム画面を作る基盤が出来ていたのかも知れません。


ただしまだまだ発展途上、シンプルではあるものの魅入る様なセンスのある感じにはなっていないですね。




次から3つは、何かしらの画面をAndroidホーム画面で再現しようと奮闘したものになります。

一つ目がこちら。

f:id:oeso:20180914110234j:plain


力尽きてますねこれは。

ラブライブ!』のアプリのUIを作ろうとしたようです。



ということで、次は『戦場の絆』のコクピットを再現しようと奮闘しました。

それがこちら。

f:id:oeso:20180914105700p:plain


そして、戦場の絆コクピットがこちらです。

f:id:oeso:20180914105826j:plain


上や下はだいぶアレなものの、真ん中あたりは中々の再現度になったのではないでしょうか。

特にロックオンマーカーは拘って制作しました。

アプリは『zooper widget』と『glaeja』だけだったと思います。

今ならもっとうまく再現出来ると思います。





f:id:oeso:20180914110520p:plain


『艦これ』から画像データを抽出してAndroidホーム画面にしたようですね。

艦これ自体はサービス初期からやっていたんですが、イベント潜水艦が強すぎて辞めたような気がします。

その後、復帰しましたが圧倒的インフレに付いていける訳もなく、まもなく沈没しました。

確かその復帰時に抽出したと思います。

デュエマのインフレには適応できたのですが…何故でしょうね。




《1年目まとめ》
とにかく色んなことを試したような気がします。

今見るとヘッタクソですが、基盤となるものはこの時に錬成されていったと思うと、やはり継続は力になると思わざるを得ません。




【2年目】


f:id:oeso:20180914111041p:plain


2年目のお初ホーム画面がこちら。スマホを触る時間を少なくしようとして機能を極限まで削ったホーム画面ですね。


ただ動画=youtubeがあるのは頂けません。

結局触りまくってた記憶があるような気がします…。



f:id:oeso:20180914111728p:plain
f:id:oeso:20180914111735p:plain

ホーム画面のコンテスト企画に初めて参加した時のホームになります。(2015)

ランチャーアプリに『LIGHTNING launcher』、ウィジェットアプリは『zooper widget』だったはずです。

スライドをすると音楽再生ウィジェットが出てきます。

だいぶシンプルな見た目となっておりますが、やはり音楽再生ウィジェットがダサいですね。

これがなければかなりセンスあると思います。




f:id:oeso:20180914121229j:plain
f:id:oeso:20180914121235j:plain

ディバインゲート』のUI風ホーム画面です。

ロック画面が弄れるのはAndroid4.4までの特権です。

ディバインゲートはだいぶオシャレゲーだったので中々締まりのあるホーム画面になったと思います。

大いなる絶望ばかり使ってた気がします。

ディバインゲート零』は『Angel beats』コラボの時に触りましたが正直酷かったです…



《2年目まとめ》

ホーム画面を作るノウハウがだいぶわかったような1年でした。

また、ここから更にホーム画面がシンプル曲線を描くようになります。



【3年目】


f:id:oeso:20180914113027j:plain
f:id:oeso:20180914113034j:plain

前のスマホにデータが残っていたのでスクショしてきました。

アニメーションが作れるライブ壁紙アプリ、『KLWP』を導入して作ったものになります。


これはすごく革新的です。今までプログラムとかして動かすぐらいしか無かったようなので、それが簡単に出来るようになったというのはいい時代の証拠です。

また、KLWP内でウィジェットを作っていけるのも高評価。

是非ともインストールをすることをオススメしたいアプリです。


ホーム画面はやはりシンプルなものになってきましたね。

ヘッドホンボタンを押すと、時計表示が音楽再生ウィジェットと入れ替わります。

また、音楽再生時はCD風ウィジェットが回転するようになっています。KLWPの特権です。




f:id:oeso:20180914113656j:plain
f:id:oeso:20180914113703j:plain

某所のホーム画面企画(2016)に投稿した物です。

フレームアームズ・ガール』のバーゼラルドのパッケージ絵をトレスして線画風にした所まではいいのですが、アプリの配置がうまく出来ず、撃沈。

結局+ボタンを押すと2枚目のようなものになるという、割とダメなホーム画面でした。


ちなみに背景は今のブログのアイコンになってます。

サバメシどころか、焼き鯖寿司すら関係ありません。




《3年目まとめ》
かなり伸び悩んでたと思います。

しかし、KLWPの自由さに触れて新たな発見があったことも事実です。




【4年目】


f:id:oeso:20180914113508j:plain

再現撃沈系のホーム画面、その2です。

フレームアームズ・ガール』のアニメに出てきたアプリの再現をしようとした物ですが、配置が上手くまとまらず、撃沈しました。残念!




f:id:oeso:20180914114107j:plain

いつもの所のホーム画面企画(2017)に投稿した物です。

超シンプルなホーム画面。自分で言うのもなんですが、これはセンスを感じさせます。

オシャレな所はステータスバーも含めて1枚のホーム画面となっている所。


KLWPはアニメーション無しでも、扱いやすいUIでウィジェットが作れるのでオススメです。

神です。



f:id:oeso:20180914114703j:plain
f:id:oeso:20180914114709j:plain

今のホーム画面です。

更にシンプルになりました。

ここまでシンプルだと飽きが来るんじゃないか?と思うかもしれませんが、およそ20の画像がランダムに表示されるようにしてあるのでそこら辺の対策はバッチリです。


↓一例↓
f:id:oeso:20180914114929j:plain
f:id:oeso:20180914114947j:plain



《4年目まとめ》

自分の中の方針が定まったようです。


「シンプル且つ気品のあるホーム画面」

これを作ることが目標です。


5年目となった今年もいろいろと考えて作っていきたいと思います。




おわり。