サバメシ食べたい

焼き鯖寿司でもオーケーです。色んなこと書けたらいいなーって思ってます。

龍罠 エスカルデンについて考える

こんにちは。


「5cバスター」で検索すると2番目ぐらいに出てくるブログの主、おーえそです。

f:id:oeso:20180920153256j:plain


今回は次の弾のSRカード、《龍罠 エスカルデン/マクスカルゴ・トラップ》について、その性能とこのカードを使ったデッキを軽く紹介します。



《龍罠 エスカルデン》
自然文明 5コスト ドラゴンギルド/グランセクト パワー5000
■このカードがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚表向きにする。その中からクリーチャーを1体、手札に加えてもよい。残りをマナゾーンに置く。

《マクスカルゴ・トラップ》
自然文明 7コスト
■相手のクリーチャー1体を選び、持ち主のマナゾーンに置く。
■コスト6以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。


これらが「ツインパクトカード」として合わさっています。

クリーチャー面は手札補充も可能なマナブースト効果を持っています。
手札補充をしなければ、次のターン8コストにアクセス出来るので強力です。

また、自然のドラゴンなので《蒼き団長 ドギラゴン剣》や《百族の長 プチョヘンザ》といった各種革命チェンジに繋げることも可能。

「マッハファイター」を持ってなくて本当によかったと思います。


呪文側はマナ送りの除去と、マナからの踏み倒しを兼ねる優秀な効果を持ちます。

《異端流し オニカマス》を除く踏み倒しメタを除去しつつ、バトルゾーンにクリーチャーを出せるのが魅力。

また、マナ送りなので《卍デ・スザーク卍》をはじめとした墓地利用を防ぐ点もいいですね。

7コストと重めなものの、総じて優秀な1枚であると思います。



そんな《龍罠 エスカルデン/マクスカルゴ・トラップ》を堪能出来る(かもしれない)デッキを紹介します。

f:id:oeso:20180920154608j:plain


はい、【デアリバスター】です。

超次元は《勝利のアパッチ・ウララー》と《超次元 ムシャホール》の採用から察してください。いつものハッピーセットです。

今回は《龍装 チュリス》を使った速攻ではなく、《Mの悪魔龍 リンネビーナス》の「マナ武装」を利用した中速デッキとなっています。


序盤は《ダーク・ライフ》《爆砕面 ジョニーウォーカー》といったカードでマナを増やしましょう。

「5~6マナ」かつ「多色カードがマナに4枚以上」溜まったら《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》《Mの悪魔龍 リンネビーナス》等のスピードアタッカーを展開。

そこから「革命チェンジ」で《蒼き団長 ドギラゴン剣》を出して、リンネビーナスを出し、《龍罠 エスカルデン》や《音精 ラフルル》等の5コスト以下のクリーチャーを展開していきましょう。


手札が切れてしまっても、《マクスカルゴ・トラップ》を唱え、

リンネビーナスをマナから出し、リンネビーナスの効果で《マッド・デーモン閣下》を蘇生。

デーモン閣下の効果でドギラゴン剣を回収

革命チェンジ

といったルートを取ることが出来、さらに攻撃を仕掛けることが出来ます。


除去系「S・トリガー」も12枚ある為、比較的受け持つ良いと思います。




今回は【デアリバスター】という形で《龍罠 エスカルデン/マクスカルゴ・トラップ》を使ってみましたが如何でしたでしょうか。


他のデッキでも積極的に使っていけるような性能をしているので是非とも4枚は集めておきたいカードですね。


絶対初動高いだろうけど。

デッキの潤滑油がSRかつ、4枚必須はお財布的にかなり辛いので何とかしてください…。



おわり