サバメシ食べたい

焼き鯖寿司でもオーケーです。色んなこと書けたらいいなーって思ってます。

煌世主 サッヴァーク†を使いたい!

どうも、かつて修学旅行で千羽鶴を作る企画で唯一鶴を折ることが出来なかったおーえそです。


今回は昨日発売したデュエマのパックの「マスター・ドラゴン・カード」の《煌世主 サッヴァーク†》について何かしらいい感じの使い方がないか見ていきます。



f:id:oeso:20180923173843j:plain


10コストの光のドラゴンで、「ブロッカー」を持ちます。

「相手の攻撃時、自分のシールドゾーンの表向きのカードを3枚裏返す」という条件で踏み倒して出せます。

また、「ドラゴン・T・ブレイカー」によってシールドの攻撃前にシールドを増やすか、表向きでシールドゾーンにカードを置くかを選ぶことが出来ます。

最後に、自分のシールドゾーンに表向きのカードが3枚あればバトルゾーンを離れなくなるという最上級の除去耐性が付与されます。


とまあ、このカード単体では【相手の攻撃に反応して自身を踏み倒し】、【返しのターンで殴り返してバトルゾーンに残り続ける】というカウンター要素の強いクリーチャーとなっている印象です。



このカードを使うにあたってまず、如何にしてバトルゾーンにこのカードを着地させるか。


①自前で踏み倒す

まずは《煌世主 サッヴァーク†》自身が持つ踏み倒し能力で出してみましょう。

条件は「相手の攻撃時、自分のシールドゾーンの表向きカードを3枚裏返す」ことです。

シールドゾーンの表向きカードを増やすには、「裁きの紋章」または「裁きの紋章Z」呪文や、《煌メク聖戦 絶十》といったクリーチャーを使っていくことが必要です。


「裁きの紋章Z」呪文は「サバキZ」という「ストライク・バック」に似た呪文を持ち合わせている為、受けが強くなっています。

もちろん発動後にはシールドゾーンに表向きに置かれる為、下準備としてはかなり優秀だと思います。


準備が出来たら後は殴ってもらうことを祈りましょう。


②:《ヘブンズ・ゲート》で踏み倒す

《天門の精霊 アケルナル/スターゲイズ・ゲート》とかでも出せます。

《ヘブンズ・ゲート》は「S・トリガー」を持つのでシールドは割られますが、発動できれば簡単に出せると思います。

《トライガード・チャージャー》と組み合わせるのも手。

次のターンに手打ちしたり、シールドに天門を仕込んだりとやりたい放題です。


③:《煌メク聖戦 絶十》の軽減効果で出す

上に書いた《煌メク聖戦 絶十》が持つ軽減効果で召喚するのもいいと思います。

このカードを採用すると「裁きの紋章」呪文をメインにしたデッキにもなると思うので、2つのルートからサッヴァーク†を出すことが出来、相性がいいです。

天門まで合わせるとカツカツになりそうだな…





さて、出し方はある程度書いてみました。




では次は《煌世主 サッヴァーク†》の周りを彩る「裁きの紋章」について見ていきましょう。


まずは《魂穿ツ煌世ノ正裁Z》。

「サバキZ」という能力を持ち、「裁きの紋章」が手札に加えられた時、それを捨てることで手札から発動可能な呪文です。

「サバキZ」は先程も書いたように一見「ストライク・バック」に似た能力ですが、最大の違いは【複数枚のシールドブレイクなどによって「サバキZ」と「裁きの紋章」が同時に手札に加えられても「裁きの紋章」を捨てることで「サバキZ」が発動可能】という点です。

「ストライク・バック」はこれが出来ないので、実質上位互換です。


さて、「サバキZ」の解説が長くなりましたが、このカードの効果はコスト8以下のクリーチャーをシールドに表向きにして置く除去効果を持ちます。

コスト8以下と言うと、《蒼き団長 ドギラゴン剣》や《卍デ・スザーク卍》、《ジョット・ガン・ジョラゴン》等の多くの環境クリーチャーを除去出来るので非常に強力だと思います。



2つ目は《憤怒スル破面ノ裁キ》。

効果は1ドローという単純な「裁きの紋章」ですが、2コストと軽く、手札を維持しつつ「裁きの紋章」を刻めるので中々強力です。

「サバキZ」の種にしやすいのも○。


三つ目は《剣参ノ裁キ》。

デッキから3枚捲って呪文か「種族:メタリカ」を持つカードが回収可能なサーチカード。

このカードは本日のデュエマアニメで出た《集結ノ正裁Z》に取って代わられそうですが、まだ出ていないので優秀なサーチカードとして使って行けると思います。


四つ目に《転生ノ正裁Z》。

3コストでシールドを1枚回収出来る「サバキZ」持ちの呪文。

一見相性が悪そうですが、能動的に「裁きの紋章」を手札に加えることが可能な為、「サバキZ」を持つ《煌メク聖戦 絶十》の早出しや、呪文を唱えることが出来ます。



まぁ他にも色々ありますがこの辺で。



最後に他のデッキパーツを見ていきましょう。


かなり前の方に上げた《トライガード・チャージャー》や、最新パックのUGC枠《音感の精霊龍 エメラルーダ》と言ったカードは、「サバキZ」の発動役や「S・トリガー」の仕込み等に優秀です。


また、「サバキZ」で捨てた「裁きの紋章」を回収する《時の秘術師 ミラクルスター》や《光サス奇跡ノ裁徒》もいい感じかもしれないです。


後は、光文明の汎用「S・トリガー」の《龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク》や《DNA・スパーク》も採用候補に入ると思います。



まぁこんな感じでやはり「サバキZ」や「S・トリガー」を活かして防御面に特化したカウンターデッキの切り札としての運用が良さそうな感じです。


とにかくかっこよくて楽しいデッキが組めそうなので周りのパーツから集めていこうと思います。

サッヴァーク†の初動が予想以上にたけぇ!




おわり。