サバメシ食べたい

焼き鯖寿司でもオーケーです。色んなこと書けたらいいなーって思ってます。

FA:Gシルフィー、小さな素体に優秀な稼働と造形

こんにちは。


ディバインゲートを楽しんでいるおーえそです。


今回は「フレームアームズ・ガール シルフィー」を組んだのでレビューしていきたいと思います。


f:id:oeso:20180930151723j:plain

フロント


f:id:oeso:20180930151949j:plain

リア


今回はコトブキヤショップ限定のヘアカラーを使って組んでいます。

カカト部分に可動式の自立補助パーツがあるため、バランスが取りやすいです。


では、本家のシルフィーと比べてみましょう。↓


f:id:oeso:20180930152118j:plain

f:id:oeso:20180930152153j:plain


本家よりも少し大きいかわりに、各ハードポイントがコの字の切り欠きから3mm穴になりました。

これがより多くの可能性を生んでくれます。

また、髪もプラパーツになったことによりシャープかつ、細かく造形されています。


色は肩上部と太腿下部の緑、前腕の黄色ラインが足りないです。
そのかわりに、背面の緑は成型色で再現されています。


次は可動範囲です。


f:id:oeso:20180930152802j:plain

首の構造は「フレームアームズ・ガール」のもの、と言うよりは「メガミデバイス」に近い構造になっていました。

説明書にも「メガミデバイス」の頭部と交換する時の説明が書かれていました。


f:id:oeso:20180930152947j:plain

首周り、かなり柔軟です。


f:id:oeso:20180930153032j:plain

f:id:oeso:20180930153130j:plain


胸部にも可動が仕込まれており、上下左右に動かせます。

腕はここまで曲がります。
また、肩の根元が上下に可動、肩にも可動があるので見た目以上に動かせます。

手首も回転軸があるので動かすことが出来ます。
細かいですがこれが嬉しい。


f:id:oeso:20180930153423j:plain

足に関しては股部分に引き出しがあり、膝立ちもなんとか可能。ここら辺の構造は「フレームアームズ・ガール」に似ています。



↓ここから何枚か↓

f:id:oeso:20180930153618j:plain

f:id:oeso:20180930153628j:plain

顔パーツは「通常顔」「叫び顔」「ほのぼのした感じの顔」の3つがあります。


f:id:oeso:20180930153724j:plain

モルネクポーズ。


f:id:oeso:20180930153802j:plain

猫っぽく、ジムに飛びかかるシルフィー。


f:id:oeso:20180930153832j:plain

寝込みを襲う本家。


f:id:oeso:20180930153854j:plain

最後はツインテを付けて。

ツインテは稼働軸が折れやすそうな感じなので、猫耳側の軸を軽くヤスると動かしやすくなるかも。



以上、今回は素体の「フレームアームズ・ガール シルフィー」を見ていきました。

小さいのでやはり組みづらかったり、テンションがキツい所もありましたがここまで出来るのはすごいと思います。

ツインテもそうですが、キツい所やハマりにくいところが結構あるので、そこら辺は組む時点で軽くヤスっておくと組みやすく、壊れにくくなると思います。

とても可愛くできているのでオススメです。




おわり。