サバメシ食べたい

焼き鯖寿司でもオーケーです。色んなこと書けたらいいなーって思ってます。

悲しみを背負ったミステリーパック

こんにちは。


更新をサボった者です。

まぁ1ヶ月よく続いた方なので誇ります。


今回は本日発売のミステリーパックの収録リストを見て適当に喋ります。


割と愚痴っぽい内容なので苦手なお方やキレっぽい人はブラウザバック


これ以降は見て気分が悪くなっても自分のせいです






ミステリーパックは


「ユーザーが考えた新規スペシャルズと大量のキーワード能力復活に、収録カード全てがホイルカード

と言った見てくれは最強のパックでした。

《フェニックス・ライフ》や《月光電人 オボロカゲロウ》と言った再録のないカードも収録されることになり、心が踊ったことでしょう。

正直大量のキーワード能力復活と謳ったものの、全部で100種類に満たない収録数で当時から不穏な空気が立ち込めていましたが。


まぁそんなこんなでフラゲ勢による収録カードを見ました。


なんだこれは…と言うのが第一の感想でした。良くない意味で。



まず、下級ジョーカーズの再録。

どうせ11月のデッキにも収録されるんでしょ?ってカードが多く、残念感が否めません。

シールによってジョーカーズを生み出すジョーくんの気分を味わえたり、プロモぐらいでしかホイルが無かったので気軽に光らすことが出来たりっていうのはいい点です。

でもぶっちゃけ枠埋めですよねこれ。
もう《ヤッタレマン》とか《パーリ騎士》とかお腹いっぱいなんですわ。

実質3種類の《ハズレぽんの助》、あなたは耐えることが出来ますか。


今年のレギュラーパックでも言えることなんですが、無駄に旧種族のバニラやファンデッキですら検討の余地がない効果持ったカードを刷って他のカードが当たりづらくなるの、やめて欲しいです。

毎回《デスマッチ・ビートル》クラスのカードを刷れとは言ってません。

「クロニクル・レガシー・デッキ」を始めとした、余程のことがない限り大きく拡張される事の少ない旧種族だからこそ、もっと大切にしてカードを作って欲しいと思います。



2つ目、復活するキーワード能力を持つカードがひたすらに微妙なこと

これもレギュラーパックの愚痴に近くなるんですが、触れられることの少ないキーワード能力が復活するせっかくの機会なのにそのカードがひたすら微妙。

古いキーワード能力を持つ強そうな新規はざっとしか見てないですが《E-GO 55》《ナゾの光 リリアング》《ヘビー級ヘビー》ぐらいですか

再録なら《シャドーウェーブ・サイクロン》

割と真面目に少ないです。新規は仕方ないにしても再録ならもう少しマシなものを選択して欲しかった気がします。

クロスギアなら《至宝 オール・イエス》とか、チャージャーなら新し目ですが《パイレーツ・チャージャー》とかまだやりようがあったのでは…と思います。

メタモーフが《粛清者エルヴィーネ》なのは【白零サッヴァーク】において「サバキZ」を使うために捨てた「裁きの紋章」を再利用しろってことなのか?とは思います。

式神イノセント》の方が需要が高いと思いますが。



最後に、シールをめくる時の初期キズ。

仕様上しょーが無いですが、めくるのをミスれば悲しいですし査定も減額。誰も笑顔になれず。

これに関しては…まぁ何とも言えないところですが気になっちゃいますよね。

特に「シールいらねぇー!」ってなってる人にとっては尚更。



他にも不満はありますが大きいところはこんなもんですかね

僕は箱買いしません。なので封入率でとやかくはあんまり言える立場ではないです。

シングルで欲しいカードを揃えようと思います。

ウィザーズだかタカラトミーだか知りませんがもう少し商品を大事に扱った方がいいと思います。(適当)




おわり。